FPの短期合格者には、なぜスタディング利用者が多いのか?

電卓・ノート・ペンなど

FP資格の取得を目指す皆さんは、様々な立場の方がいらっしゃることでしょう。就職活動を有利に進めたい学生の方、お勤めの会社にて上司命令で資格取得に迫られている方。または、お金の知識を増やし賢く家計を支えたい主婦の方。さらには、ファイナンシャルプランナーとして独立を目指している方もいるはずです。


しかし、どんな立場の方でも、短期合格を果たしたいとお望みの方がほとんどだと思います。

短期で合格するために、まず大切なのは、教材の質です。ページ数が多いだけで要点もまとまっていない教材を選んでしまっては、短期合格は難しいでしょう。

だからこそ、シンプルで使いやすく、少ない労力でも高い効果を発揮する優れた教材が求められます。

その点、スタディングなら、ビデオ講座/音声講座にていち早く基礎事項が学習でき、その後は、スマート問題集や要点まとめシートにて合格のための力がどんどんつくシステムになっています。

原則的に印刷物となったテキストを利用することなく、お手持ちのスマートフォンやタブレット、携帯音楽プレーヤー、パソコンにて学習を進めることができるので、移動中の車内でも効果的な学習ができ、スキマ時間を利用して短期合格に大いに近づくことができるのです。

私もスタディングを利用してFP3級を取得した一人ですが、短期合格のためには、試験頻出事項である重要な点を確実に身につけることが大切だと痛感しています。逆に、満点を目指すような学習法を続けていては、短期合格は困難になるでしょう。

だからこそ、短期合格を達成するためには、重要な点を確実に身につけるため、繰り返し学習することが必要になってきます。繰り返しの学習をすることにより、知識をしっかりと定着させ、試験頻出事項を取りこぼさないことが、合格力アップにつながるのです。

しかし、一人で行う繰り返しの学習というのは、単調になりがちで挫折しそうになることもあるはずです。そんな場合もスタディングであれば、ビデオ講座/音声講座の倍速版を用いて効率的に学習を進めたり、セレクト過去問演習で間違った問題だけ後でまとめて出題される機能を使うこともできるので、実力アップを実感しながらいつのまにか合格力が養成されているイメージです。

FP資格は国家資格ということもあり、3級であっても意外と簡単には合格できません。軽い気持ちで受験当日を迎えてしまうと、本番の試験問題を前にして絶望的な気持ちになることもあり得ます。

せっかく学習して受験をするのであれば、学科、実技試験ともに一発合格を果たしたいものです。

そのためには是非、今回ご紹介したスタディングの利用を検討してみてください。まずは、無料講座の受講がおすすめです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、女子フィギュアスケーターとして、世界のトップレベルで活躍する紀平梨花さんの最新情報やプライベ…
  2. 考える人物
    「天才お笑い芸人」とも呼ばれ、すでに日本のお笑い界で確固たる地位を確立したダウンタウンの松本人志が、…
  3. 肌を確認する若い女性
    今回は、手間いらずで時短ができ、かつ、お財布にも優しい、スキンケアの救世主「オールインワンゲル」のレ…
  4. インタビュー
    マツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五がMCを務める日テレ系深夜番組「月曜から夜ふかし」。この番組…
  5. iPhoneやiPad、または、Apple IDなどが公式サイトの情報だけでは、どうしても復帰できず…
  6. 肌の調子が良い笑顔の女性
    ■はじめに 私は、10年以上に渡って脂漏性皮膚炎の症状に悩んできました。ネット上で治し方を検索し、…
  7. 商店街
    特番で好評だった「坂上&指原のつぶれない店」が、このほどレギュラー化された。実はこれにはかなり驚…
  8. リーダー
    日曜日のお昼といえば、「アッコにおまかせ」を思い浮かべる人も多いはず。この番組は1985年にスタート…
  9. 野球場
    日曜朝の情報番組「サンデーモーニング」の名物コーナー「週刊御意見番」では、野球解説者の張本勲をレギュ…
  10. 肌の調子が良い笑顔の女性
    私が脂漏性皮膚炎を治した超シンプルな方法。皮膚科不要。市販品のみ(前編) (前編よりつづき) …

ピックアップ記事

  1. スピード感のある写真
    トヨタにおいて「オーリス」の知名度は決して高いものとは言えませんでした。だからこそ、「オーリス」の後…
  2. ノートパソコンにてキー入力
    今回は、シニアがパソコン教室に通いたいと思った時、ぜひアクセスしてもらいたいサイトをご紹介します。 …
  3. 時間やお金に余裕が生まれ、何か趣味を始めたいと思うシニアの皆様は多いようです。そこで今回は、シニアが…
ページ上部へ戻る