2つ折りスマホ「Galaxy Fold」の特徴や凄さがわかる5つのサイト

英字新聞とメモ帳

今回は、Samsungから発表された2つ折りスマホ「Galaxy Fold」について紹介された、動画も含め5つのサイトをまとめました。


現時点では、日本での発売は未定のようですが、先行して発売予定のアメリカでの売れ行きや日本市場での需要調査等によっては、国内発売もあるかもしれません。

1.【動画】CNET:Watch Samsung unveil the Galaxy Fold
まずご紹介するのは、Galaxy Foldの製品プレゼン動画です。8分過ぎあたりに、2つ折りを開き、操作する様子が映し出されます。2つ折りを開くと小型のタブレットのような使い方ができて便利そうです。当然ながら、収納時などは2つ折りにできますから、持ち運びも苦にならないはずです。

2. Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は何が新しい? 気になるポイントは?
こちらは、ITmedia Mobileの記事です。既に存在していてディスプレイを折りたためるスマホ「FlexPai」等との違いについても述べられています。ディスプレイについてアスペクト比について触れたり、実際の使い勝手についても少し辛口な記述も見られ、参考になります。画像もふんだんに用いられ、2ページに渡って構成されていますので、製品について詳細を知りたい方は是非ご覧ください。

3. 2つ折りスマホ「Galaxy Fold」。開けて7.3型・閉じて4.6型。6カメラ
こちらは、インプレスAV Watchの記事です。記事自体は短めですので、さっと読んで概要をつかみたい方にはうってつけのページです。とは言っても、主要な写真は掲載されていますし、Samsung CEOのコメントも掲載さえており、充実した内容になっています。

4. 曲がるスマホGalaxy Fold、国内発売か 日本語ページが公開
こちらは、Engadget 日本版の記事です。本製品の日本語ページが公開されたことに言及しながら、国内発売の可能性についても触れています。また、米国での販売価格は20万円を超えること等、価格についても高額であることを述べています。

5. サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」は、たぶん厚すぎる
最後に紹介するのは、ギズモード・ジャパンの記事です。2つ折りで広い画面が使えるという利点にばかり気を取られがちなところ、こちらでは”厚さ”に焦点を当て、見落としがちなデメリットについても述べられています。確かに、現在主流の薄いスマートフォンに慣れている我々にとっては、再びガラケーのような厚みのあるデバイスを持ち歩くのは違和感があるかもしれません。

今回は、「Galaxy Fold」について紹介された記事や動画をまとめました。日本国内での発売は現時点では未定ですが、今後、2つ折りスマホは一つのジャンルとして確立された存在になっていくかもしれませんね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 今回は、自動車保険の新規申し込みまたは更新時期などで、どの商品を選択すればよいか迷っている方向けに、…
  2. 商店街
    特番で好評だった「坂上&指原のつぶれない店」が、このほどレギュラー化された。実はこれにはかなり驚…
  3. 美しい月
    乃木坂46メンバーの中でもトップレベルの人気を保っている白石麻衣だが、年齢はすでに20代後半にさしか…
  4. 読書をする美女
    日テレの「Going!Sports&News」でお天気キャスターを務め、フジテレビのワイドナショ…
  5. 考える人物
    「天才お笑い芸人」とも呼ばれ、すでに日本のお笑い界で確固たる地位を確立したダウンタウンの松本人志が、…
  6. 考える若い女性
    現在、新元号の発表を前に予想が盛んになってきています。そこで今回は、新元号予想に関するサイトを5つほ…
  7. 5色鉛筆
    国民的アイドルグループ「嵐」が、2020年末をもって活動休止すると発表されました。熱心なファンはもち…
  8. 鏡を見て肌を気にする女性
    2013年にはNHK大河ドラマで主演を果たし、紅白歌合戦では紅組の司会を務めるなど、今や日本を代表す…
  9. ヘッドフォン
    ※この記事は長文です。序章を含めると全11項目あります。一気にお読みいただいてもいいですが、ブックマ…
  10. すでにデビュー20周年を迎えた椎名林檎。これまで、数多くの楽曲を創作し、自らのパフォーマンスでその楽…

ピックアップ記事

  1. スピード感のある写真
    トヨタにおいて「オーリス」の知名度は決して高いものとは言えませんでした。だからこそ、「オーリス」の後…
  2. ノートパソコンにてキー入力
    今回は、シニアがパソコン教室に通いたいと思った時、ぜひアクセスしてもらいたいサイトをご紹介します。 …
  3. 時間やお金に余裕が生まれ、何か趣味を始めたいと思うシニアの皆様は多いようです。そこで今回は、シニアが…
ページ上部へ戻る