スペアキー作製の【俺の合鍵】は、なぜ評判なのか?その根拠とは

合鍵の作製を依頼したい時、真っ先に浮かぶのが街中にある小さな店構えの合鍵作製ショップではないでしょうか。しかし、このようなお店で作られている合鍵は、元の鍵と全くの同一品ではないということをご存知でしょうか。


街の鍵屋さんで作製されるのは、お客さんが持ち込んだ鍵を元に作製された「コピーキー」に過ぎないのです。簡単に言えば、コピー機を使って書面をコピーするようなものです。

文字だけが印字されたモノクロの印刷物であれば、印刷したものとコピーしたものでは、一見区別がつきにくいですが、ルーペなどを使って詳細を観察すれば、その違いは明らかです。

鍵の場合も同じです、「コピーキー」は、元の鍵と全くの同一ではなく微小な誤差があるため、それを使い続けることによって、カギ穴を痛めてしまうことも大いにありえるのです。

そのため、スペアキー作製をご希望であれば、【俺の合鍵】のような、メーカー純正の鍵を作製してくれるサービスを利用すべきと言えます。

【俺の合鍵】は、スペアキー作製の受付がインターネット上で全て完結しますので、実店舗に出向く手間も不要ですし、日本全国どこにお住まいの方でも対応してくれます。

なぜ、スペアキー作製受付が、現物のカギを業者側に渡すことなく、インターネット上だけで全て完結できるのか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。それは、世の中の多くの鍵は、持ち手に刻印されているカギ番号をもとに複製することが可能だからです。

最近は、テレビ等のメディアでもこの事実が広まりつつありますので、既にご存知の方も増えているかと思います。

【俺の合鍵】では、鍵の持ち手に刻印されているカギ番号をご依頼者からお教えいただくことで、インターネットまたはFAXでの受付にて完了できているのです。

合鍵を注文するなら、街の鍵屋さんかホームセンター等を利用するのが一般的だと思われていた方も、この記事をご覧になられたら、今後はネットでメーカー純正の鍵を注文することが主流になってくると考えが変わったのではないでしょうか。

なお、メーカー純正の鍵だからと言って、そんなに高価格というわけでもありません。価格については【俺の合鍵】の公式サイトをご覧いただき、お確かめください。また、全国送料無料(離島を除く)ですので、その点も安心です。

最後に防犯のためにお伝えしますと、今回ご案内しました通り、鍵の持ち手に刻印されているカギ番号さえ分かれば、ほとんどの鍵が複製できますので、悪用されないためにも、お手持ちのカギ番号は他人には漏洩しないようお気を付けください。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ノートパソコンにてキー入力
    今回は、シニアがパソコン教室に通いたいと思った時、ぜひアクセスしてもらいたいサイトをご紹介します。 …
  2. 鏡で顔を確認する女性
    美肌を手に入れたいと思うとき、コスメを探すより、クリニックに通った方が確実という場合もあります。肌の…
  3. 脱毛器具を持つ女性
    つるんとしたムダ毛のない肌は清潔感もありますし、自分への自信にもつながります。除毛クリームはカミソリ…
  4. 札束
    先月の29日に愛媛県知事宛に1億円もの大金が届いたとの報道がありました。ニュース映像を確認すると、一…
  5. スマホを操作する女性
    本格的な脱毛・永久的な脱毛をと考えているのであれば、やはり医療脱毛が良いとされているようです。ここで…
  6. スマートフォンを見る女性
    エステサロンといっても実にさまざまなタイプがあるので、目的に応じたところを選ばなくてはなりません。例…
  7. 洗濯ばさみ
    宅配クリーニングは、忙しくてお店に衣類を持っていく時間がない方に便利なサービスです。全国に宅配クリー…
  8. iPhoneやiPad、または、Apple IDなどが公式サイトの情報だけでは、どうしても復帰できず…
  9. 合鍵の作製を依頼したい時、真っ先に浮かぶのが街中にある小さな店構えの合鍵作製ショップではないでしょう…
  10. アイデア
    ご存知の通り、「マツコ&有吉かりそめ天国」では、視聴者から疑問や不満などのメールに、マツコと有吉が気…

ピックアップ記事

  1. 上質な住居
    投資をする手段の1つとしてマンション経営がありますが、マンション経営を個人で始めることはリスクが心配…
  2. 荷物を運ぶ女性
    普段は使用しないけれど、大切で捨てられないものや自宅に置いておくとかさばる荷物は、トランクルームを活…
  3. 使い勝手のよいキッチン
    中古マンションの購入にあたり、どのようにリノベーションすれば良いのか、どのような手順が必要なのかなど…
ページ上部へ戻る