関ジャムで紹介されたアーティストは本当にスゴイのか?

日曜夜にテレビ朝日系にて放送されている「関ジャム 完全燃SHOW」では、音楽に関する事柄を幅広く扱っている。時には、マニアックなテーマを掲げ、それを一時間たっぷりと掘り下げる企画の回もあり、音楽制作の趣味を持つ筆者としては、いつも楽しませてもらっている。

視聴率至上主義とも言える現在のテレビ業界で、ゴールデンタイムではないものの、ベースやドラムの奏法など、一般の方には馴染みのない専門的な内容を取り扱う、この番組の姿勢は挑戦的とも言える。

しかし一見、楽器の奏法やコード(和音)理論などは専門的で取っつきにくいが、一般の方でもそれらの知識があれば、音楽鑑賞のレベルが上がり、音楽を聞く楽しみは深まっていく。だからこそこの番組は、音楽マニアだけでなく、一般の音楽好きな方も一緒に楽しめるのだろう。


さて、表題にて掲げた「関ジャムで紹介されたアーティスト」とは、この番組の名物企画となっている音楽プロデューサーが選ぶベストアーティストのことである。音楽プロデューサーとして、蔦谷好位置氏といしわたり淳治氏、さらにもう一名のプロデューサーを加えて、それぞれが厳選した新譜をランキング形式で紹介してくれる。

近年では、ここで紹介されたアーティストが次々とメジャーになる傾向にあり、スタジオゲストのサバンナ高橋は、この企画にピックアップされ売れる現象をアメリカンドリームならぬ「関ジャムンドリーム」と称しているほどだ。

しかし、ここまでこの企画の価値が高まってしまうと、選考する蔦谷氏やいしわたり氏に各アーティストからの売込みや接待などが横行しないか心配にすらなってくる。やはり、公平性を保ち、新鮮さを失わないためにも、選考にあたるプロデューサーは固定化しないほうがいいだろう。

そもそも、蔦谷氏やいしわたり氏は評論家ではなく、音楽制作に携わるプロであり、本来であれば、自身で制作した楽曲をこの企画で紹介されたい立場でもあるだろう。だからこそ、この企画から一旦離れることで、選考される側に回れば、自身の携わった楽曲が紹介される喜びも味わうことができるだろう。

また、選考にあたるプロデューサーが固定されてしまうと、どうしても偏ったランキングになってしまいがちであるし、蔦谷氏やいしわたり氏だって、まだまだこれから実績を積み上げていくべき人達である。正直言って現在、蔦谷氏やいしわたり氏が、プロデューサーとして万人から「凄い」と言われている立場ではないため、そのプロデューサーたちが選ぶアーティストは必ずしも「凄い」とは言えないだろう。

今後の希望としては、すでに実績が豊富な大物プロデューサーやアーティストが選ぶベストアーティストもぜひ見てみたいし、蔦谷氏やいしわたり氏だけでなく、他の中堅プロデューサーの意見も聞いてみたいところである。プロデューサーをコロコロと変えてしまうと、企画の軸がブレるという声も挙がりそうだが、そこは、いいさじ加減で一貫性を持たせながら、プロデューサーを上手に入れ替えるなどして対応してほしい。

どちらにしても、この企画がマンネリ化することなく、いつまでもワクワクしながら見続けたいので、常にバージョンアップを図ってほしいと願っている。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 札束
    先月の29日に愛媛県知事宛に1億円もの大金が届いたとの報道がありました。ニュース映像を確認すると、一…
  2. 商店街
    特番で好評だった「坂上&指原のつぶれない店」が、このほどレギュラー化された。実はこれにはかなり驚…
  3. 英字新聞
    低迷していると言われて久しいフジテレビだが、「全力!脱力タイムズ」は、フジテレビらしい挑戦的な番…
  4. 言わずと知れたスーパーバンド「KISS」ですが、最近では、ももいろクローバーZとの共演もしていること…
  5. 図書館
    2015年4月から始まった「林先生が驚く初耳学」は、予備校講師でテレビタレント業もこなす賢人、林修先…
  6. このほど、安倍首相は消費税10%への増税対策として、クレジットカード等によるキャッシュレス決済の還元…
  7. ギタリスト押尾コータローの曲はさまざまありますから、どの曲を聴けばよいのか最初は迷ってしまいます。ど…
  8. 今回は、自動車保険の新規申し込みまたは更新時期などで、どの商品を選択すればよいか迷っている方向けに、…
  9. スピード感のある写真
    トヨタにおいて「オーリス」の知名度は決して高いものとは言えませんでした。だからこそ、「オーリス」の後…
  10. 肌の調子が良い笑顔の女性
    ■はじめに 私は、10年以上に渡って脂漏性皮膚炎の症状に悩んできました。ネット上で治し方を検索し、…

ピックアップ記事

  1. スピード感のある写真
    トヨタにおいて「オーリス」の知名度は決して高いものとは言えませんでした。だからこそ、「オーリス」の後…
  2. ノートパソコンにてキー入力
    今回は、シニアがパソコン教室に通いたいと思った時、ぜひアクセスしてもらいたいサイトをご紹介します。 …
  3. 時間やお金に余裕が生まれ、何か趣味を始めたいと思うシニアの皆様は多いようです。そこで今回は、シニアが…
ページ上部へ戻る